田中精密工業から最後の株主優待で新米3㎏と天然水2L到着

田中精密工業(7218)の株主優待品で、富山県入善産の新米コシヒカリ3㎏と天然水2リットルが到着しました!

新米が出回る季節になり、お米優待の発送もスタートですね。私のお米優待株のうち、2020年も最初に到着したのは田中精密工業からの株主優待でした。

田中精密工業の権利確定は2020年3月31日で、株主優待が届いたのは2020年10月8日でした。

お米の株主優待は権利確定が3月末であっても、株主優待の到着は新米の収穫時期に合わせて各社10月頃になります。

田中精密工業の株主優待内容は「富山県入善産コシヒカリ新米3㎏」(100株保有の場合)となっていますが、毎年お米と一緒に2Lペットボトル入り天然水もついてきます。

田中精密工業の株主優待品になっているお米は、富山県北東部にある下新川郡入善(にゅうぜん)町産のコシヒカリで、「つぶぞろい」というブランドです。

入善町に田中精密工業の入善工場がある縁でこの「つぶぞろい」が株主優待品になっているそうです。同じく株主優待品になっているペットボトルのお水も、入善町で採水された地下天然水とのことです。


富山県入善町では他にも日本一大きいという楕円形の「入善ジャンボすいか」という名産物もあるようです。

田中精密工業は富山県の自動車・オートバイ部品製造業の会社で、ホンダグループ向けに約8割の製品を納入、筆頭株主もホンダという資本構成になっています。

タイトルに「最後の」としたのは、7月末に田中精密工業の株主優待制度の変更が発表され、次回2021年3月末の権利確定分からは、株主優待の対象が500株以上保有に引き上げられたためです。

2020年はコロナ禍での業績悪化ということもあり、株主優待の廃止や改悪を発表する企業も相次いでいますね。 優待株を購入・保有する以上、...

↑でも書いたのですが、田中精密工業も、現在の100株以上から500株以上への最低保有株数の引き上げ・かつ株主優待の内容はお米3㎏で変更無しという改悪になってしまいました。私のポリシーである1銘柄20万円以内の予算では、500株まではとても買い増しできません。

数年間、田中精密工業の「米3㎏+水2㎏=計5㎏」という最重量級の株主優待を楽しませてもらっていましたが、この優待が受け取れるのは2020年が最後になります。

2020年はコロナの影響で世界的に自動車メーカーの減産が続いたことから、田中精密工業の業績も苦しく、営業赤字が拡大している状況です。四半期決算と株主優待の改悪を発表した7月末以来、株価がガクンと下がってしまったのも心配ですが、なんとか踏ん張ってほしいです。