アマナの株主優待で新米4㎏が到着!~北海道産ななつぼしときたくりん

アマナ(2402)の株主優待で新米4㎏が到着しました!お米の銘柄は北海道産の「ななつぼし」と「きたくりん」各2kgです。

今回届いたのは2019年12月末権利確定分の株主優待で、到着したのは約10か月後の2020年10月9日でした。新米の時期に合わせた優待発送になるので、アマナの場合、毎年10か月間待つことになります。また、5月頃にハガキかWebで株主優待の申し込みをする必要があります。

アマナの株主優待は「北海道東川町産新米2kg」(100株保有の場合)となっていますが、1年以上の保有で更に2㎏、3年以上の保有で4㎏が追加されます。

今回届いたアマナの株主優待はこちら↓

2019年に引き続き北海道産「ななつぼし」2㎏と、1年以上保有での追加分「きたくりん」2㎏の合計4㎏の新米が到着です。今回より私も晴れて長期保有分の追加をもらうことができました。

「ななつぼし」はつや・粘り・甘味のバランスが良く、冷めても美味しさが長持ちするお米とのこと。

「きたくりん」は強い耐病性があることから、農薬を減らして栽培することができるクリーンなお米とのこと。新しい品種で、今後の展開が期待されているそうです。

アマナの株主優待になっている東川米は、お米にしては珍しいポップなイラストのパッケージで可愛いですね。

アマナの株主優待になっているお米の産地である東川町は、北海道の中でも唯一水道水を使わなくても生活できる町とのこと。普通の民家でも皆さん井戸水で生活しているという、天然の水に恵まれた土地なのだそうです。

北海道を代表する大雪山旭岳から湧き出るミネラル豊富な天然水を贅沢に使って栽培された東川米、おいしそうです。

アマナは東京都に本社のある広告制作会社で、特に写真を使ったビジュアルコンテンツ作成に強みのある企業です。ストックフォト・写真素材のアマナイメージズの運営も手掛けていて、TSUTAYAやTポイントのカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が出資しています。

そのアマナの株主優待が、なぜ北海道東川町産のお米なのかというと、アマナが東川町の地域ブランディングを手掛けているからなのだそうです。

東川町は1985年に「写真の町」宣言をしていて、「写真」というキーワードでアマナグループと交流を続けている、とのことです。

アマナは配当が無配なのが痛いところではあるのですが、100株のみの保有で4㎏のお米が株主優待でもらえるというのはありがたいです。

せっかくなのでこのまま持ち続けて更にプラス2㎏の合計6㎏まで目指したいと思います!