ハーブ系食品優待株?イントランスの株式を購入してみた

ひと味変わった食品優待株として、イントランス(3237)の株式を購入してみました。

株式会社イントランスは中古ビルの再生や建物管理などの不動産関連事業を手掛ける会社です。子会社事業として、東京にある鎌田ショッピングセンター、千葉県大多喜町にある大多喜ハーブガーデンの運営も行っています。

イントランスの株主優待は「2000円相当の自社子会社取扱商品」となっていて、大多喜ハーブガーデンの商品が送られてきているようです。ハーブ系の食品優待なんて珍しくて良いですよね。

実際の株主優待として送られてきた大多喜ハーブガーデンの商品は、2016年はカレー用スパイスセット(レシピ付き)、ハーブティー、ハーブティー用の茶筒の詰合せ、2017年はハーブティー、フルーツケーキ、いすみ米麺(米粉に6種類のハーブを練り込んだ生麺)の詰合せでした。

2016年の優待内容だと、カレーをスパイスから作ったりしない母には合わないかな……と思いましたが、2017年の優待内容であれば優雅なティータイムが楽しめて、珍しいハーブ麺も試せて良さそうです。2018年の優待も2017年に近い詰合せだと良いなと期待しています。

イントランスの権利確定は3月末で、株主優待をもらえるのは300株以上保有している場合なので注意が必要です。現在の株価は200円前後なので、300株でも6万円程度の投資に収まります。

大多喜ハーブガーデンではハーブの生産・販売が行われていて、ハーブガーデン内に併設されているレストランでは自社農園産のフレッシュハーブを使った料理が食べられるとのことで、いつか行ってみたいなと思います。株主優待を通じて、こういった興味が出てくるのも良いポイントですよね。

イントランスのハーブ系食品優待、届くのが楽しみです!